早漏治療を検討したら。性行為中に試したい早漏防止法

早漏になっている場合、性行為中であっても相手を満足させることが難しくなります。
早漏の症状にもいくつかのタイプがありますが、共通しているのが自分の力だけではどうすることもできない状態になっていることが大半であるという点です。
身体的な問題はもちろん、精神的な疾患を抱えているケースでは余計にその症状が重くなってしまうこともあります。
この場合は、早漏治療を検討した方が無難です。
性行為中に相手を満足させることができないと感じたときには、まずクリニックに行って自分の体の状況を相談するところから始めると良いでしょう。

原因を特定して早漏治療を行おう

早漏の原因は、大きく分けると2つに分類できます。
まず、身体上の問題です。
例えば、包茎の男性は早漏である可能性が高くなります。
日本人は、特に仮性包茎の患者が多いと考えられていますので、自然と早漏の人が多くなる傾向があります。

包茎が早漏の原因となる大きな理由として、過敏性の問題が存在します。
包茎というのは、亀頭を守るために存在する包皮が日常的にかぶってしまっている状態です。
包茎ではない人は、常に亀頭を露出させることができるのですが、包茎の人は勃起をしたときだけ亀頭を露出させたり、あるいはまったく露出させることができないケースもあります。
この場合、亀頭が外部と接触する機会が非常に少なくなってしまいますので、性行為中に生じる摩擦などにとても弱くなるのです。
その結果、性行為中に自分が早漏であることを自覚する人も実際に存在します。

そして、心因性の部分もとても重要です。
これは、幼少期に患った精神的なトラウマなどが原因で早漏になってしまうケースです。
どちらにしても重要なのは、本人の努力だけではどうにもできないことであるという点です。
パートナーに協力を仰げない場合には、早期に早漏治療を行った方が無難です。

性行為中であっても有効な包茎治療

早漏治療の中でも、性行為中に最も有効であると考えられているのが包茎治療です。
一見すると、包茎治療は早漏治療と全く関係ないように見えてしまいますが、早漏の特徴を理解しておくとこの有効性がわかります。
そもそも、早漏の人は外部からの刺激や摩擦に非常に弱い傾向がありますので、まずその部分を克服することで状態を改善できる可能性が高くなります。
特に、包茎の人は包皮を被った状態にしないようにしておくことで、常に外部から刺激を与えられている状態になるため、効果は高いです。
性行為中に射精の感覚を我慢することができないのは、亀頭がその刺激に慣れていないからに他なりません。
特に、若い世代の多くは早漏で頭を悩ませることになりますが、これも刺激に慣れていないことが関連しています。
この問題を解決するためにも、包茎治療はとても有効です。
実際に、早漏治療の一環として提供されるものには、包皮環状切除法や包皮小帯切除法があります。
これらの方法は、物理的に性行為中に刺激を受けやすい部分を切り落とすことによって、それを和らげるものです。
特に、包皮環状切除法については包茎治療にも役立つため覚えておくと良いでしょう。

痛みが伴わない早漏治療と防止法の魅力

早漏治療の良い点は、痛みのない方法が提供されているという点です。
一般的に、早漏治療には無痛治療が存在しますので、本来ならば痛みの生じやすい注射針での麻酔が存在しないクリニックもあります。
これは、いわゆるガス麻酔と呼ばれる手段を用いて行われるものです。
局所だけを麻酔するのではなく、全身に効果のあるものを利用することによって、患者が寝ているうちに治療ができるというものです。
また、優秀なクリニックでは麻酔をいくつも組み合わせることによって、手術後の痛みも最小限にできる麻酔を提供しているところもあります。
この方法は局所に利用することになりますが、ガスを利用した方法と同じで手術中の痛みが存在しません。
ですから、早漏治療は誰でも安心して進められるメリットがあります。

そして、これは早漏防止法でも同じです。
基本的に、早漏は心因性に起因するところがありますので防止法としては痛みのない精神面での訓練で改善できる可能性が存在します。
性行為中に精神的に没入しすぎないようにしたり、射精する瞬間に我慢して耐性を得るなどは実際に行われている改善法です。
これらの方法を利用しても改善できないときは、早漏治療で速やかに改善した方が賢明です。

まとめ

早漏治療は、初めて利用する人であっても不安感なく進められるものです。
専門医が在籍しているクリニックでは、治療の説明から執刀まで全て担当してくれますので、一貫して納得した説明を行ってもらえます。
それだけではなく、痛みのないように工夫をしてもらえますので手術後の経過が順調であれば数週間もすれば状態を改善できます。
精神面で優位性を作ることによって早漏防止を行う方法も確かにありますが、確実ではありません。
特に、パートナーと性行為中には精神的にも感情的になって理性が抑制できないことも多いため、その場合には専門的な早漏治療を行った方が良いでしょう。